fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の中級者の壁の伸び悩み





今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の中級者の壁の伸び悩み」というお話をいたします。







■初心者向け講座ではありますが…

私の講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

は、初心者向け講座です。
(現在、一番お申し込みが多い講座となっております)

受講生様は、TOEICで言えば、500点以下の方が多いです。


しかし、中には、500点以上の中級者の方もご受講されているケースがあります。

もちろん、これは人によるのですが、

「感覚で突き進んだために、中級の壁に当たってしまった」

という方が多いのです。







■才能があります! しかし、学び方に注意!

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の受講生様に限らず、私の年以上、名以上の指導経験上、中級で壁に当たる方は少なくありません。

その原因の多くは、

「感覚で突き進んで来た。才能があるので、それでも中級までは到達してしまった。

しかし、そこから先は感覚だけではどうにもならないので、伸び悩んでいる」

というケースです。


例えば、以下のようなケースです。

「私は彼はアメリカに行ったことがあると思います」

という英文を作ってくださいと言えば、

I think he has been to America.

と正しく出来てしまいます。


しかし、正しく英文を作れるのに、

「この文はIが主語(S)、thinkが動詞(V)、he has been to Americaが目的語(O)の第3文型である」

「he has been to Americaはもともとは、that he has been to Americaであった。

thatは従属接続詞であり、従属接続詞(that)+文(he has been to America)で、that he has been to Americaが、長いけど、これで1つの名詞になっている。

従属接続詞のthatは省略ができるから、

I think that he has been to America.

I think he has been to America.

となっている」

ということを知らないのです。


それどころか、上記の話を聞いた上でも、

「従属接続詞って何?」
「thatって、"あれ"って意味じゃないの?」
「従属接続詞+文ってどういうこと?」
「that he has been Americaが名詞ってどういうこと?」

と、わからない。

場合によっては、

「主語って何?」
「目的語って何?」
「第3文型って?」
「名詞って何?」

と、もっと基本的なことが分かっていない人もいたりします。


逆に言えば、わかっていないのに、中級レベル、TOEICで500点以上取れるってのはすごいことなんです。

これは間違いなく、

「仕組みがわかってなくても、感覚で出来ちゃう」

という才能がある証拠。


私は才能がない人で、感覚ではどうにもならず、中学時代は通信簿2(5段階)、偏差値30と苦しんだので(今はTOEIC 990(満点)、英検1級)、うらやましいと言えばうらやましいです。


しかし、中級までは良くとも、それより上を目指そうと思ったら、これでは伸び悩むんです。

例えば、

「もし彼がここに来たら、あなたに電話しますね」

とする場合、

If he comes here, I will call you.

のように、comesと現在形にしないといけないのに、

「明日彼がここに来るどうか私は知りません」

とする場合、

I don't know if he will come here tomorrow.

のように、will comeと未来形にしないといけない。


これがわからず、壁にぶつかる人は多い。

仕組みがわかっていれば、簡単なことなのです。

ifというのは従属接続詞でして、従属接続詞の中では珍しく、

「従属接続詞+文=名詞」もできるし、「従属接続詞+文=副詞」もできるのです。


If he comes here, I will call you.
「もし彼がここに来たら、あなたに電話しますね」

では、

「if(従属接続詞)+he comes here(文)
 =if he comes here(副詞)」

ですし、

I don't know if he will come here tomorrow.
「明日彼がここに来るどうか私は知りません」

では、

「if(従属接続詞)+he will come here tomorrow(文)
 =if he will come here tomorrow(名詞)」

になっています。


これはifに限りませんが、「従属接続詞+文=副詞」の場合は、中身の文は、

「本来は未来形を使いたい場合でも、現在形で代用しなければならない」

というルールがあります。

If he comes here, I will call you.
「もし彼がここに来たら、あなたに電話しますね」

では、彼来るのはこれからのこと。

なので、本来は未来形なのです。

しかし、If he comes hereというのは副詞です。

主語(S)でもないし、目的語(O)でもないし、補語(C)でもないし、前置詞の後ろにあるわけでもないので、名詞ではありません。

だから、If he comes hereは副詞なのです。

なので、comesと現在形じゃないといけません。


一方、

I don't know if he will come here tomorrow.
「明日彼がここに来るどうか私は知りません」

のif he will come here tomorrowというのは、目的語(O)として使われているので、名詞です。

副詞なら、本来は未来形でも現在形で代用しないといけませんが、名詞の場合、未来形をそのまま使えます。

なので、will comeと未来形になるのです。


仕組みがわかっていれば、このようにちゃんと区別ができます。

ところが、それまで仕組みを学ばず、感覚で突き進んでいると、

「従属接続詞って何?」
「従属接続詞+文=副詞ってどういうこと?」
「if he will come here tomorrowが目的語ってどういうこと?」
「if he comes hereはどうして副詞だと判断出来るの?」

などなど、そもそもの基礎知識がない。


「従属接続詞とは何か?」

「従属接続詞+文は、名詞か副詞になる」

「名詞はOとして使える」

「名詞は、S、O、C、前置詞の後ろのいずれかだけ」

「副詞は自由に置ける」

これらは、英語の仕組みの、基礎知識です。

初心者が知らないのは仕方がありませんが、中級者であれば、当然知っているべきことなのです。


ところが、感覚だけで突き進んでいると、こういう基礎知識がないまま中級者になってしまう人がいます。

こうなると、中級より上のレベルを目指そうとする壁にぶつかってしまうのです。







■初心者のうちから仕組みを理解

「仕組みを考えずとも、感覚で中級レベルに到達したしまった」

それは才能がある証拠であり、それはそれで素晴らしいことです。


しかし、これだと後で困るのです。

現在、壁にぶつかってしまって困っている中級者の方はもちろん、基礎の仕組みからやり直す必要があるのですが、

初心者の方も要注意。


将来的に壁にぶつからないためにも、あるいは、そもそも初心者を脱出するためにも、ちゃんと仕組みを理解する形で学んでおきましょう。

感覚で突き進んでも、才能があれば中級までいけるかもしれません。しかし、その後に壁にぶつかります。


それに、私の才能がなければ、中級にすら到達できません。初心者に留まってしまいます。


逆に言えば、仕組みをちゃんと理解していけば、壁に当たる可能性は低くなります。

先ほどお話したように、私は英語が苦手で、感覚ではどうにもなりませんでした。


しかし、基礎から、仕組みを論理的に理解する形で学んで行ったところ、どんどん上達し、ほとんど壁にぶつかることはなく、

一気に伸びて行き、TOEIC 990(満点)、英検1級まで伸びました。


私の講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

の受講生様も、最初は初心者だったのに、一気に中級を飛び越えて、上級者に到達し、TOEICで750点以上、800点以上のスコアを取ってしまった方たちがいらっしゃいます。


才能があるタイプの人も、ないタイプの人も。

今、初心者の方も、中級者で壁にぶつかっている方も、ぜひ、英語は感覚だけで突き進まず、仕組みを理解するように学んで行きましょう。

これが、英語学習に最適な時期である今、私がお伝えしたい、英語学習における大切なメッセージになります。


初心者の方、あるいは感覚だけで突き進んで壁にぶつかってる中級者の方で、英文法を基礎を徹底的に学びたい方は、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

がオススメです。

英文法の基礎分野を丁寧にじっくり学んでいただけます。

その知識を使って、英文を作る練習もしていただくので、英会話等での応用力も養えます。

こちらの講座はサポート制度があり、わからないことがございましたら、制作者である私にメールで直接ご質問いただけます。

なので、今回お話しさせていただいた、「ここは気にしない方がいい」「ここはちゃんと理解しておくべきこと」ということもご相談できます。


リリース以来、嬉しいことに、

「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破! 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるようになりました!」

とご好評いただいております。


無料サンプルは↓で公開しておりますので、ぜひご覧下さい。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!









英語が苦手でも上達する!
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/10/post_82.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語が苦手でも上達する!」というお話をいたします。 ■英語ができずに...

英語初心者は英文法の基礎が大切・重要
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/10/post_83.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語初心者は英文法の基礎が大切・重要」というお話をいたします。 ■私...

英語初心者におすすめのTOEIC問題集は問題集をやらないこと
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/11/toeic_12.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語初心者におすすめのTOEIC問題集は問題集をやらないこと」という...

英語の中級者の壁の伸び悩み
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/11/post_84.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の中級者の壁の伸び悩み」というお話をいたします。 ■初心者向け講...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る