fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の難しいところ、文法





今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の難しいところ、文法」という方向けのお話をいたします。








■初心者は基礎から

英語に限らず、何ごともそうですが、よく、

「初心者は基礎をしっかりやるべき」

と言われます。


英語についてもまさにその通りで、私も、無料メルマガで何回かお話しした通り、

「初心者はいろいろと手を出さずに、基礎にじっくりと取り組むべき」

と考えています。


具体的には、

・語彙
・英文法
・リスニング

の基礎3本柱。

その中でも、特に、語彙と英文法。そして、1つ選ぶのであれば、英文法。

これが初心者に取って一番大切です。

なぜなら、英文法というのは英語のルールのようなもの。

野球をやるのならまずルールから学ぶのと同様、英語もまずは最低限のルールから学ぶべきなのです。

そうでないと、野球で言えば、

「3ストライクでアウトになると知らずに平気で見逃す。打ったら3塁に走って行く」

というようなとんでもないことをしてしまいます。

いくら素振りなどをがんばっても、これでは野球はできません。


それと同様に、英文法の基礎分野だけでもいいので、初心者はしっかりと取り組むべきなのです。







■基礎に見えて基礎ではないもの

しかし、英文法の中には厄介なことに、

「基礎のように見えるけど、実は基礎ではないもの」

というのがあります。


これらを基礎だと勘違いしてしまい、

「基礎なんだからマスターしなければ!」

と深入りしてしまうと、次から次へとわからないことが出て来て、

「英語は基礎ですらこんなむずかしいのかぁ…。自分に英語は無理だな…」

とあきらめてしまう人もいます。


では、その「基礎のように見えるけど、実は基礎ではないもの」とは何かと言うと、

・冠詞
・名詞の可算不可算
・前置詞個別の使い方(例えば、inとatの違いなど)

の3つです。


「冠詞」「名詞の可算不可算」「前置詞」

この3つは、英文法では最初の方に習います。

前置詞に関しては必ずしもそうじゃないかもしれませんが、中学では1年生の1学期に習うものです。


「最初の方に習うということは簡単なことだからだ。簡単なのだから、これはマスターしなければならない」

と勘違いしてしまう方が多いのですが、実は、この3つは英語の中でも最上級分野です。

実際のところ、ネイティヴじゃなければ、プロの通訳、TOEIC満点の人でもわからないことがあるほどです。







■なぜこの3つはむずかしいのか?

では、なぜむずかしいのかと言うと、

・もともと定義があいまいで、主観的ある
・例外が非常に多い
・個別に学ばなければならず、膨大な時間がかかる

という点が挙げられます。

例えば、冠詞を例に考えてみます。

冠詞の中に、theというものがあります。

theは

「その名詞が特定のものを指していて、どれを指しているか聞き手に明確な場合」

につけられます。


例えば、

I bought a book and a pen. The book was really interesting.
「私は本とペンを買った。本はとても興味深かった」

では、the bookとなっています。


すでに、「本を買った」と言っており、the bookはその本を指しており、聞き手にも、1文目の流れから、「買った本を指している」というのが明らかであるため、theがついています。


しかし、まずそもそも、定義がけっこうあいまいで主観的なのです。

「特定のものを指している」
「聞き手に明らか」

というのは、主観的な基準です。

「1文前に同じ単語があれば」というような客観的な基準ではありません。


ネイティヴからすると、これは感覚的にわかるのですが、日本語には冠詞と言うコンセプトがないため、日本人にはなかなか理解できません。

それに、例外がとても多いのです。

例えば、スーパーマーケットに向かっている途中で、友達から電話がかかって来て、「何してるの?」と聞かれたとします。

その場合、

I'm going to the supermarket.
「スーパーに行くんだ」

と言います。


スーパーなんて一杯ありますし、友人は今電話をかけて来たところですから、私がどのスーパーに行くかはわかるはずがありません。

つまり、theをつける条件を満たしていないはずなのに、なぜかtheをつけるのです。


逆に、theをつけるはずなのにつけないこともあります。例えば、なかなか寝ない子どもに親は、

You should go to bed.
「もう寝ないとダメよ」

と言います。


普通、自宅で寝るベッドは決まっており、親子だったら、どのベッドを指しているかは明確なはずです。

しかし、bedにはtheはつけないのです。


上記はtheの例でしたが、名詞の可算不可算、前置詞においても同様に例外がとても多いです。

このように、あまりに例外が多く、学ぶべきことが多すぎるのです。







■教材を社長に売るか、平社員に売るか

・主観的で基準があいまい
・例外が非常に多い

ということは、体系的に学ぶことが不可能で、個別に学ばないといけません。

普通の英文法なら、体系的に学ぶことができ、1つのことを学んだら、ほかにも応用ができます。

例えば、「形容詞は名詞を修飾するもの」ということを学んでおけば、

「前置詞+名詞が形容詞になる」
「関係詞+文が形容詞になる」

といった応用事項を学ぶのに役に立ちます。


しかし、冠詞、名詞の可算不可算、前置詞においてはそれがほぼ不可能です。

例えば、「equipmentが不可算名詞」ということを学んだところで、equipment以外の単語には何の役にも立ちません。

machineryのように、「可算名詞に見えるけど実は不可算名詞」という同じような単語に対して「equipmentは不可算名詞」というのは何の役にも立たないのです。


例えて言うと、普通の英文法を学ぶのは、

「社長に教材を売るようなもの」

です。


例えば、あなたは「簿記の教材を売る営業マン」だったとします。

社長に、

「ぜひ御社で使ってください」

とセールスして、社長がOKを出せば、その会社の従業員が一杯使ってくれます。

つまり、「社長に売る」という行為が、「会社の従業員に売る」という応用につながるのです。


一方、冠詞、名詞の可算不可算、前置詞は、

「平社員に教材を売るようなもの」

です。


平社員1人に簿記の教材を売ったところで、それ以上の効果は期待できません。

別の従業員にも売りたいと思ったら、また別の従業員にもセールスをしないといけません。


そのため、冠詞、名詞の可算不可算、前置詞を完璧にしようと思ったら、何万人もいる平社員に売るのと同様、膨大な時間がかかってしまうというわけです。







■ではなぜ最初で説明されるのか?

ではなぜ、そんなむずかしい分野を教材は最初の方に説明するのか?

というと、

「ほぼすべての文で使われるため、ある程度は"だいたいこういうものですよ"と概略だけでも説明しておかないといけないため」

です。


例えば、

I bought a book.

という例文で、「buyの過去形はbought」ということを説明したとします。

a bookのaは全然学ぶポイントではないのですが、aが登場してしまっています。

これを何の説明もなしに進めてしまうことはできないわけです。

そのため、

「英語には数えられる名詞と数えられない名詞があって、数えられる名詞が単数のときはaをつけるんですよ」

というように、大体の概略だけではあっても、説明せざるを得ないわけです。


なので、これらの分野が最初の方で説明されているのは、

「簡単だから最初の方に説明しますよ。
 簡単だからマスターしてくださいね」

というわけではなく、

「いろいろと登場するので、概略だけ説明しておきます。ただし、むずかしいので、現段階ではマスターする必要はまったくありません。大体こんなものなんだな、ぐらいに思っておいてください」

という意味なのです。


なので、「前置詞+名詞=形容詞or副詞」というような、体系的に学べる部分は別ですが、

・冠詞
・名詞の可算不可算
・前置詞の個別の使い方(例えば、inとatの違いとか)

この3つに関しては、最初は逆に気にしないことをオススメします。







■英文法の基礎知識をしっかりと学んで行きましょう!

以上が今回のお話になります。

初心者の方は、これらの分野は気にしすぎないようにして、英文法の基礎分野を学ぶようにしてください。


「英文法を基礎から学びたい」という初心者の方にオススメなのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

になります。

英文法の基礎分野を丁寧にじっくり学んでいただけます。

その知識を使って、英文を作る練習もしていただくので、英会話等での応用力も養えます。


一昨年のリリース以来、嬉しいことに、

「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破! 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるようになりました!」

とご好評いただいております。


わからないところがあっても、制作者である私にメールで直接質問できる、サポート制度も設けております。

無料サンプルは↓で公開しておりますので、ぜひご覧下さい。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!









英語をやり直す方法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/03/post.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語学習をやり直したい」という方向けのお話をいたします。 ■今から英...

英会話初心者におすすめなのは文法です
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/03/post_1.html
今記事では、英会話についてのお話をしたいと思います。 特に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方にはぜひお役に立つ内容かと思いま...

TOEIC 500点以下の初心者の勉強法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/03/toeic_500.html
今回は、初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方のためのTOEIC対策のお話をいたします。 TOEICを目指している方じゃなくても...

英文法基礎のおすすめ
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/03/post_2.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英文法基礎のおすすめ」という方向けのお話をいたします。 ■世の中の教...

英語・英会話が苦手な人の理由
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/03/post_3.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語・英会話が苦手な人の理由」という方向けのお話をいたします。 ■英...

英語の前置詞の使い方・イメージ
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_4.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の前置詞の使い方・イメージ」という方向けのお話をいたします。 ■...

英語初心者向けの本・参考書・教材は要注意
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_5.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語初心者向けの本・参考書・教材は要注意」という方向けのお話をいたし...

TOEICリーディングセクション対策
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/toeic.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「TOEICリーディングセクション対策」という方向けのお話をいたします...

英会話スクールは初心者には無駄?
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_6.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英会話スクールは初心者には無駄?」という方向けのお話をいたします。 ...

英語が苦手な人のありがちな間違い
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_7.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語が苦手な人のありがちな間違い」という方向けのお話をいたします。 ...

英語シャドーイングは上級者でないとできない
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_8.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語シャドーイングは上級者でないとできない」という方向けのお話をいた...

TOEICリーディングセクション初心者用の勉強法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/toeic_1.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「TOEICリーディングセクション初心者用の勉強法」という方向けのお話...

スラッシュリーディングは効果がない
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_10.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「スラッシュリーディングは効果がない」という方向けのお話をいたします。...

TOEICでよくある誤解
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/toeic_2.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「TOEICでよくある誤解」という方向けのお話をいたします。 ■誤解1...

英語やり直しのための文法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_11.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語やり直しのための文法」という方向けのお話をいたします。 ■英語を...

英文法の基礎の基礎がわからないと困る
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_12.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英文法の基礎の基礎がわからないと困る」という方向けのお話をいたします...

英語が苦手な初心者のリーディング勉強法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_13.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語が苦手な初心者のリーディング勉強法」という方向けのお話をいたしま...

英語の基本ルール 英文法を学ぼう
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_14.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の基本ルール 英文法を学ぼう」という方向けのお話をいたします。 ...

英語の難しいところ、文法
https://www.road52.com/english-beginner/archives/2018/04/post_15.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の難しいところ、文法」という方向けのお話をいたします。 ■初心者...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る