TOEIC 500点台のレベルと勉強法

本ページでは、今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきた経験から、

「実際のところ、そのTOEICスコアがあれば、どのぐらいの英語力があるのか?」
「このぐらいのTOEICスコアがある人はどう対策したら良いか?」

というお話をいたします。

本ページはTOEIC 500点台の方向け。TOEICのスコアは5点刻みですので、具体的には、TOEIC 500点、505点、510点、515点、520点、525点、530点、535点、540点、545点、550点、555点、560点、565点、570点、575点、580点、585点、590点、595点の方が該当します。

ギリギリではありますが、「英語中級者」でして、「英語初心者」ではありません。

基礎的な語彙はほぼ知っていますし、英文法も基礎的なことなら理解しています。リスニングもそれなりに大意が取れたりします。とはいえ、まだやっと英語中級者になったところ。まだまだやるべきことは一杯あります。

500点台というのは、TOEICのスコア(10点〜990点)のちょうど真ん中あたり。そして、平均点が570点ぐらいですから、最も多くの方が該当するゾーン。それだけに、一口に「500点台」と言っても、いろいろなタイプの人がいます。

なので、「リスニングセクションの方が強い人」「バランスが良い人」「リーディングセクションの方が強い人」の3タイプに分けてお話いたします。

1、リスニングセクションの方が高い人

TOEICはリスニングの方が高く出るようにできてはいますが、50点以上高いようですと、リスニングの方が強く、リーディングが弱いと言えます。

この「TOEIC 500点台で、リスニングに偏っている」というタイプの方は、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきた経験上、注意が必要なタイプです。特にリスニングの方が100点近く、それ以上高い人だと、かなり注意が必要です。

先ほどもお話ししたように、500点台は初心者ではありません。中級者です。

とはいえ、それは「全体の力で見た場合」です。個別の力で見ると、必ずそうとも言えません。このタイプの方は、リスニングセクションの方が強いのですから、リスニングは文句なしに中級者。中には上級者の人もいます。

しかし、リーディングセクションは弱く、こちらの方は残念ながら初心者レベルと言えます。リーディングセクションは、英語の基礎である、語彙と英文法を問います。(それにプラスして語彙と英文法の応用スキルである、リーディングも)

つまり、このタイプの方は、基礎が弱いにもかかわらず、リスニングで得点を取れているということ。英文法で論理的に仕組みを学んでいなくても、何となく感覚でわかってしまうことが多い。

それはそれで素晴らしいことでして、私のような感性が優れていないタイプだとこれはできない芸当です。しかし、逆に言うと、論理的にわかっていなくても、感覚である程度は突き進めてしまうという危険性があります。

そして、私の指導の経験上、こう言った方はほぼ必ずどこかで壁にぶち当たります。例えば、

「TOEIC 600までは感覚で来れた。でも、これ以上伸ばすには、論理的に理解して力を伸ばすしかない。しかし、今まで論理的に学んで来ていないから…」

という状態になって、それ以上伸びなくなってしまうのです。こういった方は、(リスニング 350点、リーディング250点)のように、リスニングに偏った点数が出ます。

将来壁に当たらないためにも、今のうちにしっかりと基礎から英文法を固めておくことをオススメいたします。今は、あるいはこれまでは感覚で突き進めたかもしれませんが、将来、感覚だけでは限界にぶち当たります。それを避けるためには、論理的に英文法を学んでおく必要があるのです。

英文法は、リーディングセクションで250点未満の方には、こちらがオススメ。

リーディングセクションで250点以上の方には、こちらがオススメです。

※:250点というのはあくまで目安です


2、バランスが良い人

TOEICはリスニングの方が高く出るものなので、リスニングの方が50点ぐらい高い人がこのゾーンに入ります。

こちらの方は、すべてが「ギリギリ中級者」と言えます。バランスよく鍛えて行くことが必要ですが、まだ英語の基礎である語彙と英文法も心もとないです。

基本的なことはわかっているかと思いますが、英文法のむずかしい分野となるとまだまだかと思います。例えば、不定詞ですとか、関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)あたりはまだまだ穴が一杯あるはずです。

英文法は一度固めてしまうと、とても心強いです。何をやるにしてもしっかりと基盤があるので、リスニングやリーディング力も鍛えれば鍛えるほどどんどん伸びて行きます。

もちろん、バランスよく鍛えて行くことが大切ですが、このゾーンの方であれば、まず英文法を固めてしまうことをオススメいたします。英文法を学びたい方には、こちらがオススメです。


3、リーディングセクションの方が高い人

TOEICはリスニングセクションの方が高く出るものなので、リスニングセクションとリーディングセクションのスコアが同じぐらいであれば、リーディングセクションの方が強いと言えます。

リスニングセクションとリーディングセクションが同じぐらいのスコア、あるいはリーディングセクションの方が高いスコアの人がこのゾーンに該当します。

このレベルの方は、TOEIC 500点台の割には基礎(英文法と語彙)ができています。課題はリスニング。リスニングは、純粋に努力量がモノを言う分野。

英文法と語彙ができていない状態でリスニングをやりまくってもあまり意味がないのですが、このゾーンの方は、けっこう英文法と語彙は出来ているので、あとはリスニングで努力を積み重ねればリスニング力もついて行きます。

ただ、英文法と語彙が強い方とは言え、それは「TOEIC 500点台にしては」の話。まだまだ鍛えるべきこともありますし、リーディングもまだ読み方がスムーズではないはずです。

こちらでさらに英文法を鍛えても良いかと思いますし、すでに持っている英文法の力をさらに活かすためにも、こちらでリーディングを鍛えるのもオススメです。


TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策


さらに、TOEICについてのお話を、無料レポート「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」でさせていただいておりますので、ぜひご覧くださいませ。

私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、1年でTOEIC 900を達成でき、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。

また、今までに年以上にわたって、名様に英語指導させていただいて来ています。

そんな私の経験からすると、意外とTOEICで勘違いされている点って多いんです。

「TOEICに慣れたり、傾向をつかめば英語力アップ?」
「リーディングの方がスコアが低いからリーディングが弱点?」
「パート5の英文法問題で選択肢の単語を知らないから解けない?」
「リスニングセクションはリスニングをやればスコア上がる?」
「パート7は速く読む練習をすれば良い?」
「英文法は暗記で、問題さえ解ければ良い?」

もしかしたら、とんでもない勘違いをしていて、それがスコアアップを阻んでいるのかも…。

TOEICでは自分の弱点をしっかり分析し、それに応じて対策をすることが必要です。

無料レポート、「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」では、勘違いをせずに自分の弱点を見つけ、どう対策すべきかを解説しております。

入手は↓にメールアドレス(携帯不可)を入れて、送信を押すだけ。

ご入力いただいたアドレスに人が読者登録中の私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

無料メルマガでは、名様への英語指導歴を元にした英語学習法のアドバイス、海外ドラマで使われる英会話表現をお届け。

無料メルマガは読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能です。


※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。