fixedImage

Cのパーツ

名様突破! 大好評! 私、鈴木 拓の講座(セミナー)




cap-, cup-, cip-, cept-, cept- 捕らえる、容れる

やたらと単語数の多いパーツです。accept(受け入れる)という単語がありますが、これはac-(〜の方向へ)、cept(捕らえる)という意味で、こちらから相手の考えを捕らえに行く→受け入れるという意味になっています。

cub-, cumb- 横たわる、寄り掛かる

現職大統領などの、「現職」のことをincumbentと言いますが、これはホワイトハウスのin-(中)にcum-(寄りかかっている)→現職という意味から来ています。

cred-, credit- 信ずる

credit card(クレジットカード)は完全に日本語として定着しましたよね。これは信用のカードという意味。cred-, credit-は「信じる」というパーツです。信用があるからこそ、今お金を払わないでもモノを購入できるわけですね。

court- 宮廷、法廷

裁判所のことをcourtって言いますよね。これはcourt-(法廷)というパーツから出来ているんです。

cri- 切る、分ける

批評家のことをcriticと言いますが、これにはcri-(切る、分ける)というパーツが使われています。「いいもの」、「わるいもの」をばっさりと切るってことですかね。

circ- 円、ぐるぐる回る

円のことをcircleって言いますよね。これがパーツになった形が、circ-「円」なんです。

ci-, cit- 動かす

exciting(エキサイティング)って言葉は日本語でもよく使われますよね。これはex-(外へ)、cit-(動かす)→刺激的なという意味になるんです。

col-, clut- 耕す、崇拝する

culture(カルチャー)は日本語でも使われますよね。カルチャー、つまり文明はclut-(耕す)ことによって育って来たものです。ちなみに、cult(カルト)も日本語でよく使われますよね。これを見ても分かるように、cult-には(崇拝する)って意味もあります。

com-(変化形) ともに、まったく、完全に

コレクションなどを完全に集めることを、complete(コンプリート)って言いますよね。これはcom-(完全に)、plet-(満たす)という意味から来ています。com-にはもう1つ意味があって、「共に」という意味もあります。協力をcooperationと言いますが、これはco-(共に)、oper-(働く)ことから来ています。

celer- 早い、速い

アクセルと日本語では言いますが、英語では正確にはacceleratorと言います。これはac-(〜の方向に)、celer-(速く)するというパーツから来ています。

corp- 身体

会社のことをcorporation(コーポレーション)って言いますよね。これにはcorp-(身体)というパーツが使われています。身体のあるしっかりとした組織、会社ってことですね。

cent-, centi- 100、100分の1

アメリカのお金の単位は、ドルとcentセントですよね。cent-は100、あるいは100分の1という意味のパーツなんです。ドルの100分の1ってことですよね。

contra- 反対

「反対の」は英語ではcontraryと言いますが、これに使われているのがcontra-というパーツ。「反対」という意味です。

cat-, cata-, kata- 下へ、反して、後ろへ、まったく

何かに分類するとき、category(カテゴリー)を使いますよね。カテゴリーは同じような性質を持ったものを集めます。そして、上から「下へ」と一覧が出来ます。

cal- 熱

ダイエットをしている人はcalorie(カロリー)が気になりますよね。そもそもcalorieってのは食べ物に含まれている「熱」量のことを指しているのです。その「熱」を表すパーツが、cal-です。

cal-, cil- 呼ぶ、呼び集める

和解をconciliationと言いますが、これはcon-(共に)cil-(呼び集める)ことにより和解することから来ています。

caed-, cid-, cis- 切る、倒す、殺す

決定することを、decideと言いますが、cid-(切る)というパーツをde-(強調)したものなんです。

car(r)- 車、運ぶ

車はcarですよね。これはそのままパーツになり、car-(車)として使われます。「車」から発展して、「運ぶ」という意味も持っています。

cand-, cend-, cens- 白、白熱

ろうそくのことをcandleって言いますよね。あれは元々cand-(白、白熱)というパーツから出来ているんです。

cad-, cid-, cas- 落ちる、倒れる

事故のことをaccidentと言います。どちらか言うと、避けられなかったものというニュアンスが強い単語ですが、cid-(落ちる)というパーツが使われているんです。

cel(l)-, cul- そびえる

パソコンソフトに、Excel(エクセル)ってありますよね。あれは「卓越する」、「他をしのぐ」という意味の単語なんです。これはex-(外へ)、cel-(そびえる)というパーツから出来ています。他よりも外の次元へそびえる→卓越するっていうイメージでしょうね。